ワイパックス代わりの抗不安薬の効果と副作用

ワイパックス代わりの抗不安薬の効果と副作用

ワイパックス代わりの抗不安薬について

ワイパックスは抗不安薬ですので、依存してしまい断薬する際には
別の弱い薬を代わりに飲む流れとなります。

 

ここでは、そんな時に処方されることがある
代わりの抗不安薬について1部まとめてみました。

 

大まかにまとめていますので
詳しくは医師や薬剤師に確認するようにしてください。

 

 

抗不安薬とは、不安薬という名前の通り、不安や緊張を和らげるために処方される薬です。

 

日々の日常生活に大きな支障が出るほど、不安や緊張が強い場合に処方されます。

 

そこで、代表的な抗不安薬の効果と特徴について書いていきたいと思います。

 

ユーパンの効果と副作用

ワイパックスのジェネリック医薬品のため、効果と効能はワイパックスとまったく同じです。
ユーパンの抗不安効果は、他の抗不安薬と比べると強めです。

 

しかし肝臓に対する負担が少ないため使いやすい抗不安薬でもあります。
眠気やふらつき、めまい、依存性形成などの副作用が出る場合があります。

 

デパスの効果と副作用

強い抗不安作用を持ち、不安を和らげるために広く使われている薬です。
筋肉の緊張をほぐしたり催眠作用もあります。一番強い副作用は依存性です。
そして、眠気やふらつき、転倒などにも気を付ける必要があります。

 

メイラックスの効果と副作用

やや強めの抗不安作用があり、作用時間が非常に長いという特徴が上げられます。日中の眠気や、ふらつき、転倒などに注意する必要があります。

 

パキシルの効果と副作用

非常に強い効果を持っています。不安だけでなくうつ症状の改善も行ってくれます。口渇、便秘、尿閉、体重増加、性機能障害など、効果が強い文副作用も多めとなっています。

 

セルシンの効果と副作用

古くから使われている薬ですが、さまざまな症状に効果を発揮する薬でもあります。不安や緊張、けいれんを抑えたい場合は、セルシン1剤で複数の症状に対応することができます。また、錠剤だけでなく粉薬や、シロップ注射など剤型が豊富です。作用時間が長く薬が残りやすいという面もあります。依存性や、眠気、ふらつき、転倒などの副作用に注意が必要です。中でも一番気をつけるべきなのは、耐性や依存性です。抗不安薬にはこのほかにもたくさんの薬が存在し、同じような効果を持つものがたくさんありますが、それぞれの薬の特徴と患者の様子を見ながら、合った薬を処方し、治療していく必要があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ