ワイパックス副作用眠気

ワイパックスの副作用〜半減期と眠気

100時間越えもある?

ワイパックスの副作用として眠気を上げる方がとても多いかと思います。
これには半減期が大きく関わっているのです。

 

 

そもそもワイパックスは抗不安薬と言われる薬です。
一般的に処方される確率がとても多いくせになりますが、

 

 

やはり薬であるため副作用は存在します。

 

 

その中でも1番ポピュラーとされているのが、眠気です。
ワイパックスの半減期は約12時間とされています。
服用した後約2時間ほどで血中濃度が最大となり、眠くなります。

 

 

その後半減期を12時間質をとするため、睡眠時間が12時間以内の場合、
持ち越し効果が現れてしまうことがあります。

 

 

しかしながら、薬が体から抜けていくには個人差が出ます。
そのため眠気が現れない方もいらっしゃいます。

 

 

ワイパックスの半減期は、抗不安薬の中では中程度となります。
抗不安薬の中でも長いものであっては、50時間以上半減期があるものも少なくありません。

 

 

さらに非常に高いものであっては、100時間以上あるものも存在します。

 

 

ワイパックスは基本的に半減期もそれほど長くなく、使いやすい薬になっています。

 

 

半減期が極端に短いと、効果を実感することがなかなかできないため、
いちにちに何回も薬を服用することになることも考えられます。

 

 

半減期を持つワイパックスは、いちにち1回程度でも十分効果を感じられることが多いため、使いやすいと言うことです。

 

>>>ワイパックスを飲まないで、代わりに栄養機能食品を飲んでみた結果

ホーム RSS購読 サイトマップ