抗鬱薬作用

抗鬱薬の作用

抗鬱薬の作用

脳には、多くの末梢神経が、シナプスと言う小さな隙間を隔てて、集まっています。
神経細胞は、電気信号によって末梢神経から脳内伝達物質を放出させることにより、
その他の細胞とバランスをとっています。

 

 

伝達の過程としては、シナプスを越えて次のニューロンに伝わることになります。

 

伝達は、1つの細胞から次の細胞へ順番に伝えることにより、
状況によっては受容細胞を変化させることにより伝わっていきます。

 

また、末梢神経は特定のものしか受けることができない受容体を持ちます。
限定された分子、または脳内伝達物質とだけ合致するようになっています。

 

 

こういった場面において、抗うつ薬は科学的な促進剤の役割を果たすことになります。
細胞が刺激をうけてしまうと、脳内伝達物質は末梢神経に対して再度吸収されることになります。
これを再度取り込みといいます。

 

 

このため選択的セロトニン再取り込み阻害剤は、
脳内伝達物質セロトニンの再取り込みにブロックをかけることにより、シナプスに漂うセロトニン量も増やしてくれるのです。

 

 

また、三環系抗うつ薬のほとんどは、
主に伝達物質ノルエピネフリンの再度取り込みを阻害することによってうつの症状を軽くしてくれるとされています。

 

 

抗鬱薬においては、すぐに良くなることを期待せず、
ゆっくりと着実にしっかりと服用していくことが大切です。
以上のような作用を持って少しずつ改善していくことになりますので焦らないことが大切です。

関連ページ

うつ病の処方薬
うつ病の処方薬について
抗鬱薬の種類と処方
抗鬱薬の種類と処方について
抗鬱薬の副作用
抗鬱薬の副作用について
三環系抗うつ剤
三環系抗うつ剤について
セントジョンズワートの副作用
セントジョンズワートの副作用について
ホーム RSS購読 サイトマップ