セントジョンズワート副作用

セントジョンズワートの副作用

やめてしまう人は数%しかいない

セントジョーンズワートの服作用としては、
めまいや口の渇き、吐き気、疲労感、胃腸の不調などが報告されています。

 

 

長期的に服用した人の場合、深刻な作用が生じたケースもあるようですが、
一般的には極めて軽い状態でしか起こらないとされています。

 

 

そのためセントジョーンズワートを副作用のために
やめてしまう人は数%しかいないとされています。

 

 

ですが最近の研究では、セントジョンズワートはが肝臓の酵素の活動を阻害するといったデータがあります。

 

そのためある種の薬を無効にしてしまうということが言われています。
つまり同時に服用することによって他の薬との相互作用引き起こす可能性があるということがいえます。

 

 

セントジョンズワートとの作用としては、特にセロトニンやノルアドレナリンやドーパミンなどの神経伝達部室を脳内に放出する助けをすることで、抗うつ効果を持つ可能性があるとされています。

 

 

しかしながらこれらは、SSRIのようにセロトニンの再取り込みを阻害することによってというわけではなく、
またモノアミン酸を阻害することによってできるというわけでもありません。

 

 

ハイベルシンの効能だということです。

 

ハイベルシンはストレスに関連しているタンパク質レベルを低下させる働きがあるようです。
セントジョンズワードは一般的にはとても安全なサプリメントとなりますが、
必ずしも副作用がなく無害で安心というわけではありません。

 

 

副作用に注意し、結果が現れるまで数週間の試みをしてみるのが良いでしょう。
一気に大量の摂取はとても危険です。
慎重に様子を見ながら効果を確認していくのが良いでしょう。

関連ページ

うつ病の処方薬
うつ病の処方薬について
抗鬱薬の種類と処方
抗鬱薬の種類と処方について
抗鬱薬の作用
抗鬱薬の作用について
抗鬱薬の副作用
抗鬱薬の副作用について
三環系抗うつ剤
三環系抗うつ剤について
ホーム RSS購読 サイトマップ