三環系抗うつ剤

三環系抗うつ剤

三環系抗うつ剤

三環系抗うつ剤の人は、かなりの昔から存在しています。
新しい薬と比べると服用量の調整を必要とします。

 

ノルアドレナリンの量やセロトニンの量を調査することによって、
SSRIと同様に効果があると考えられている一方、
一般的に副作用がこりやすく、

  • 体重の増加
  • 口の渇き
  • 排尿困難
  • 疲労感や眠気
  • ぼーっとする
などといった服作用が報告されています。

 

 

このような副作用が多数確認されているため、多くの人の場合が薬の効果がしっかりと洗うれる前に服用をやめてしまうことが多いようです。

 

三環系抗うつ剤のデメリットとしては、
大量に服用してしまった場合致命傷をうけることがあるということです。

 

ノアミン酸阻害剤

 

一般的な薬がいまいち効果を表さない時、モノアミン酸化阻害剤を組み合わせてみることもあります。
現在では、ナルディール、パルネイト、マルプランと言う3つのモノアミン3阻害剤があります。

 

 

この薬は、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンを弱めたり、
破壊してしまうモノアミン酸と呼ばれる酵素の働きを遮る効果があるとされています。

 

 

難しいことに、モノアミン酸は消化系にも作用してしまうので、
自然の成分を分解して血圧を上げてしまうことがあります。
一番影響を受けやすいとされている薬品は、血圧を維持する化学物質でもあるチラミンです。

 

 

深刻な状態になることを避けるために、モノアミン酸阻害剤を服用する場合は、
高濃度のチラミンを含む食べ物食べないようにしなくてはなりません。

 

 

チラミンを含む食べ物としては、ヨーグルトやチーズ、鶏の肝臓、イチジク、そら豆、赤ワイン、ビールなどが挙げられます。
副作用としては、眠気や不眠、めまい、肥満、性的不能などが挙げられます。

関連ページ

うつ病の処方薬
うつ病の処方薬について
抗鬱薬の種類と処方
抗鬱薬の種類と処方について
抗鬱薬の作用
抗鬱薬の作用について
抗鬱薬の副作用
抗鬱薬の副作用について
セントジョンズワートの副作用
セントジョンズワートの副作用について
ホーム RSS購読 サイトマップ