うつ病抗鬱薬

うつ病の抗鬱薬〜効果・作用・副作用〜関連記事一覧

抗鬱薬関連記事

抗鬱薬に関係しているであろう記事を集めています。

 

>>>薬を飲まずに栄養機能食品を試した意外な結末

うつ病の抗鬱薬〜効果・作用・副作用〜関連記事一覧記事一覧

うつ病の処方薬

気分変調性障害の場合は、科学的な助けを専門家に求めることによっても改善することが期待できます。ご自分が、気分変調性障害であり、次の状態にあるのであれば処方薬の服用が必要になってきます。以前に2回以上、大うつ病の状態になったことがある以前に抗鬱薬を飲んだことがあり、有効だった家族にうつ病になった人がい...

≫続きを読む

 

抗鬱薬の種類と処方

今までにいちども抗うつ薬を飲んだことがないのであれば、おそらく一はSSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)を試すことになるでしょう。現在SS RIには6種類あるとされています。プロザックゾロフトパキシルルボックスセレクサレキサブロその他、エフェクサーという薬もあります。以上のような薬は医師の監視のもと...

≫続きを読む

 

抗鬱薬の作用

脳には、多くの末梢神経が、シナプスと言う小さな隙間を隔てて、集まっています。神経細胞は、電気信号によって末梢神経から脳内伝達物質を放出させることにより、その他の細胞とバランスをとっています。伝達の過程としては、シナプスを越えて次のニューロンに伝わることになります。伝達は、1つの細胞から次の細胞へ順番...

≫続きを読む

 

抗鬱薬の副作用

意外なことに、うつ病患者の3分の一は、抗うつ薬を処方されたとしても服用することがないということです。さらに、服用した患者の半分以上が副作用を感じたことがあり、ほぼ同数が最初の段階で服用やめてしまい、その後の方々も6ヶ月以内に完全にやめてしまっているとされています。ほとんどの場合は、副作用に対しても敏...

≫続きを読む

 

三環系抗うつ剤

三環系抗うつ剤の人は、かなりの昔から存在しています。新しい薬と比べると服用量の調整を必要とします。ノルアドレナリンの量やセロトニンの量を調査することによって、SSRIと同様に効果があると考えられている一方、一般的に副作用がこりやすく、体重の増加口の渇き排尿困難疲労感や眠気ぼーっとするなどといった服作...

≫続きを読む

 

セントジョンズワートの副作用

セントジョーンズワートの服作用としては、めまいや口の渇き、吐き気、疲労感、胃腸の不調などが報告されています。長期的に服用した人の場合、深刻な作用が生じたケースもあるようですが、一般的には極めて軽い状態でしか起こらないとされています。そのためセントジョーンズワートを副作用のためにやめてしまう人は数%し...

≫続きを読む

 
ホーム RSS購読 サイトマップ