抗鬱薬サイコセラピー

抗鬱薬とサイコセラピーとは?

人生に悩んでいて土台がしっかりしない
熱意がなくなり消極的で自分から行動することができなくなり、孤独感を感じ、
不安があり、苦しく疲労感に押しつぶされそうな状態にある時

 

専門家の助けを求めることはとても大切です。

 

現在はいろいろなセラピーがあります。

 

セラピーがなかった時代ではこの辛さを受け入れるしかなかったのです。
ですが現在はいろいろな対処法があります。

 

気分変調性障害を持つ人の8割以上がセラピーによって心が楽になったといいます。

 

気分変調性障害のほとんどの人が良い気分というものを忘れてしまっています。
長い間辛い気分のもとで生きてきたために、楽しい気分というものはされてしまっています。
気分変調性障害のいちばん良い治療法ですが、
これはいろいろなタイプのサイコセラピーや抗鬱薬をバランスよく組をすることです。

 

抗鬱薬を飲むガイドライン
  • 毎日の生活で喜びが全く感じられない。
  • 過去に薬を試したことがあるが、それが有効だった。
  • 家族の中に薬を使った時改善することができた人がいる。
  • うつの状態がひどくなってきて、自分の力ではどうしようもできないところまで来ている。

 

サイコセラピーのガイドライン

 

  • 自分が生きづらい定員は周りの状況やストレスが原因だと思う。
  • 最近、深刻な喪失やトラウマ、心理社会的な問題を体験した。
  • 医者に行ったり処方薬は絶対飲みたくない。

 

抑うつ状態はあるけれども、普通に睡眠をとることができる人の場合はサイコセラピーが有効であるとされています。
逆に睡眠障害が出ている人の場合は、処方薬の方がバランスよく対処できます。

 

気分変調性障害の治療は、抗鬱薬の使用が多くを担うようになってきています。
そのためカウンセリングやサイコセラピーに通う人が減ってきているように思います。

 

これはいろいろな抗うつ薬が慢性的な軽うつに効果的な治療だということが実証された結果がのかもしれませんが、薬が蔓延してしまっていることとも言えます。

 

実際は臨床的な証拠は何もないとされています。
薬物中毒が問題視されていることもこういった流れの中にあるのかもしれません。

 

 

a href="../">ワイパックス依存性が心配だったので、、、

関連ページ

二重うつとは?
二重うつについて
気分変調性障害と死別
気分変調性障害と死別について
喪失感の克服方法
喪失感の克服方法について
頭に勝手に浮かぶ考え
頭に勝手に浮かぶ考えについて
人間関係に疲れた・上手くいかない
人間関係に疲れた、上手くいかない事について
うつ病と身体的なリラクゼーション
うつ病と身体的なリラクゼーションについて
子どものうつ
ホーム RSS購読 サイトマップ