頭に勝手に浮かぶ考え

頭に勝手に浮かぶ考え

頭に最初に浮かんできてしまう考え方を信じ込み、それによってネガティブになってしまうことを有す必要ありません。

 

歪んでしまった思考は、それ自体に自分でチェックを入れることが大切です。
しかしながら、必ずしも常に自分の感情をコントロールできるわけではなく、他人の感情をコントロールすることはできないでしょう。実際、ネガティブな考え方はものごとに対する適切な反応であることが多いのです。

 

しかしながら、いかに辛い状態であっても、悲しくても、そういった感情にだけ支配されてしまい行動する必要はありません。
感情とは、体全体の1部であり、そういったことを意思の力だけで帰ることができません。
そのため感情を強制的に直す必要ありません。

 

こういった部分にだけ力を使うのではなく、自分に対しても物事をどう考えどう語っているかに焦点を当ててみようにしましょう。
感情を変えることは難しいですが、考え方を変える事は比較的簡単なのです。

 

考え方を変えると感情と行動も変わります。
結果として気分が良くなることになります。
自分がおこっていたり、価値観をなくしてしまったり、無力になってしまったり、劣等感を感じてしまったら、自問自答が大切です。

  • この考え方は自分に対して正しい考え方なのか?
  • 必要な考え方なのか?

この部分を考えてみましょう。
考え方を変えることはできます。自分次第です。

 

まずは自分に起こってしまっている考え方をしっかりと捉え、それをどうにか変えることができないかを意識することが大切です。
この時急いで結論を出す必要ありません。

  • 問題をちゃんと正確に見ているか?
  • この問題を解決するには何ができるのか?
  • 客観的な自分はどう考えているのか?

この部分がとても大切です。

 

ワイパックス依存性が心配だったので、、、

関連ページ

二重うつとは?
二重うつについて
気分変調性障害と死別
気分変調性障害と死別について
喪失感の克服方法
喪失感の克服方法について
人間関係に疲れた・上手くいかない
人間関係に疲れた、上手くいかない事について
抗鬱薬とサイコセラピーとは?
抗鬱薬とサイコセラピーについて
うつ病と身体的なリラクゼーション
うつ病と身体的なリラクゼーションについて
子どものうつ
ホーム RSS購読 サイトマップ