気分変調性障害死別

気分変調性障害と死別

愛する人の死を泣き悲しむ事は、うつのようにも見えてしまいますが、これらは普通短期で喪失の当然の反応であることがほとんどです。

 

特別問題となる状態ではなく、人間として当然の反応だといえます。

 

人間を愛することができるからこそ楽しむことができるというわけです。
人としてむしろこれはとても正常である反応だといえます。

 

精神保健の専門家の中には、こういった刺激による喪失とその他の喪失とを区別してもいますが、
喪失感は人間であるからには必ずつきまとう人生の基本的なものです。

 

しかしながら、度重なる喪失に大なければ気分変調性障害やうつに落ちてしまう可能性もあるのです。

 

日常的に考えれば、仕事を失ってしまう、家族が離れ離れになってしまう。

 

長い間一緒に過ごした何かを手放すことになる。その他様々な喪失感を感じることが多いでしょう。
人間誰しもが喪失感を経験することになりますが、それにどう反応するかが、精神衛生的に健全化、または悲しみと絶望の内の範囲に陥ってしまうかを分かつものです。

 

悲しみは本来、正直さや人としての愛情の表れになります。
喪失感は間違いなく悲しいものですが、こういったものをどうやって自分に対して納得できるように語るかによって悲しみ以上のものが露れることがあります。
自分を嘆き、自分をあわれっぽく泣いてばかりいれば、そこから身動きの取れないばかりか、どんどん悲観的になっていってしまいます。

 

ワイパックス依存性が心配だったので、、、

関連ページ

二重うつとは?
二重うつについて
喪失感の克服方法
喪失感の克服方法について
頭に勝手に浮かぶ考え
頭に勝手に浮かぶ考えについて
人間関係に疲れた・上手くいかない
人間関係に疲れた、上手くいかない事について
抗鬱薬とサイコセラピーとは?
抗鬱薬とサイコセラピーについて
うつ病と身体的なリラクゼーション
うつ病と身体的なリラクゼーションについて
子どものうつ
ホーム RSS購読 サイトマップ