子どもうつ

子どものうつ

専門医に相談する

子供の場合、大人とは違いうつ病と気分変調性障害は男女ともに同じように確認されます。

 

気分変調性障害の症状は大人と似ていますが、
子供の場合、落ち込んでいると言うよりはイライラしてることが多いようです。
大人では、気分変調性障害は症状が2年間以上続いている場合を示します。

 

 

ですが、思春期の場合はそれが1年以上になります。
子供が日常的にイライラし、落ち込んでいるような感じで、
その他、

  • 好きだったことが楽しくない、
  • 頭痛や胃痛、
  • 学校の成績が著しく落ちている、
  • 退屈でたまらない、
  • 気力がわかない、
  • 集中できない、
  • 睡眠不足になった
、などといった症状が見られる場合は、気分変調性障害の診断の中にあるとされています。

 

 

気分変調性障害は、認知行動療法がとても重要になってきます。

 

 

セラピー伸びてはそれほど効果が出てこない場合、
処方薬を用いることになります。

 

 

現在正式に子供に抗うつ剤を使うことまだ認可されていませんが、
研究では子供にブロザックやパキシルなどが有効であると言うことが確認されています。
独自の判断で服用させることがとても危険ですが、専門医に相談することが良いでしょう。

関連ページ

二重うつとは?
二重うつについて
気分変調性障害と死別
気分変調性障害と死別について
喪失感の克服方法
喪失感の克服方法について
頭に勝手に浮かぶ考え
頭に勝手に浮かぶ考えについて
人間関係に疲れた・上手くいかない
人間関係に疲れた、上手くいかない事について
抗鬱薬とサイコセラピーとは?
抗鬱薬とサイコセラピーについて
うつ病と身体的なリラクゼーション
うつ病と身体的なリラクゼーションについて
ホーム RSS購読 サイトマップ