二重うつとは

二重うつとは?

二重うつって?

これは頻繁にあることなのですが、気分変調性障害を持った人が、
大うつ病の症状を引き起こすとき、両方の症状が診断されることがあります。

 

こうした慢性的な物の臨床名は二重うつといいます。

 

二重うつは気分変調性障害と大うつ病の間を行ったり来たりしていることが確認されます。

 

こういった状況がどうやって診断されるのかと考える前に知っておくことがあります。

 

満足感、悲しみ、などが気分変調性障害の症状と区別されてるのかを知っておく必要があります。
気分変調性障害は、不快なことではありません。

 

不快感は、普通、全般的な満足感、落ち着きのなさ、うつ、不安、イライラと言って気分を言います。

 

不快感は挫折であったり、逆境であったり、その他あらゆる喪失に対する正常な反応だといえます。

 

また、悲しみの感情は、人生の多くの創出や失望に対して当然生じる人間的な感情だといえます。
しかしながら不快感が軽いうつ、あるいは大きなうつへの原因になってしまう事はあります。

 

不快感を感じる人は5人に1人とよく見られたものになります。
これらは人々が随時、不快感を感じているわけですが、
これが慢性化すると気分変調性障害となってしまうことだということです。

 

 

気分的にあまりすぐれないといったことが継続的に続くことによって、
本格的な気分障害発展してしまうということです。

 

何か原因があって気分がすぐれないということがとても多いかと思いますが、
そういった状態が長い間続くという事は別の原因が存在している可能性も考えられます。

 

 

>>>薬剤に頼らないで不安を消した方法

関連ページ

気分変調性障害と死別
気分変調性障害と死別について
喪失感の克服方法
喪失感の克服方法について
頭に勝手に浮かぶ考え
頭に勝手に浮かぶ考えについて
人間関係に疲れた・上手くいかない
人間関係に疲れた、上手くいかない事について
抗鬱薬とサイコセラピーとは?
抗鬱薬とサイコセラピーについて
うつ病と身体的なリラクゼーション
うつ病と身体的なリラクゼーションについて
子どものうつ
ホーム RSS購読 サイトマップ